「食べやすい介護用食器の中で」   

  特にたべやすい食器のおすすめ商品 

【すくえる器】

高齢者、障害者が自力で食べれる事はとても大事です。自立への第一歩としてサポートする器です。 
麻痺やふるえなどが生じても、自らのペースで食べる事で一層に、美味しさを感じる事でしょう。 
介助をなるべく少なく自発的に、身の回りを行える事で脳が少しでも、活性化するのではないでしょうか。 

プラ系樹種でないやきもの陶芸品で介護食器の、今までにない全く新しい器です。 
障害者、高齢者の人達に、美味しく食べる事や、楽しく満足感や幸福感を得られる様な器 です。

高齢化が加速する中、食事の介助なく、家族とともに自立した食事を、自分で食べられる差別の無い社会を、目指す為に制作しています。 

高齢者の方々も観光地のホテルや旅館等の宿泊施設で、お祝いの等の会席で同席者と同じような器で、テーブルを囲み多くの人と一緒に食事が出来るユニバーサルデザインです。

 ・ 暮らしの器、日々の器を変えましょう

 ・[陶磁器は汚れが直ぐに落とせる] 自然劣化の心配が無い

・キスが付きにくい、、変色しない

・[熱湯消毒で変形しない] カビや細菌が付きにくい。 

・[手作り]一つずつずつ微妙に違う、 ご要望に応じて制作致します。

・ テーブルに置いたまま押さえず軽くすくえます

・インクルージョンを促進する器

 ▷使いやすい介護食器の機能性が、イノベーションを起こし器の、新しいスタイルの誕生です。

▷日本視覚障害者団体連合から高評価頂いています。




高齢者,半身不随の方々や各障害をお持ちの方がスプーンでの食事に器から外にこぼさず、きれいに食べられる器が【すくえる器】です。
普通の焼き物の食器で食べたいですね。
  陶器の手さわり、美しさ、温かいぬくもりのある柔らかい感触、伝統工芸の技術、職人さんの心使い長年使い慣れた器で食べられる事が幸せのひと時です。 

  高齢者、障害者の施設福祉、各種ホーム、養護施設等の使用食事容器は、
 プラスチック製が大部分を占めています。
『すくえる器』幅広い世代に、用途に合わせて選べてみんなと一緒に、家族で共用出来る器で、ストレスレスな器でインクルジョンの食卓に統一感のある演出ができます。
 各ご家庭の事情のご要望に沿った、ご注文のオリジナル製品作りも可能です。
プラスチック製品では出来ない、手間ひま掛けた手作り製品をお届けさせて頂きます。
ストレスフリーの楽しい食事を、演出出来る器が『すくえる器』で、家族みんなで愛用して頂ける、お孫さんにと受け継がれるサスティナブルな食事容器です。

うつわ内面に堤状などの突起帯があり、スプーンと共に食品を突起部に寄せる事でストレスなく食べられます。


すくえる器 スリーライン皿

径18×高さ4.5㎝ 重さ約430g
乳白色
堤状のラインが縁から斜めに2㎜~
6㎜ほど半円状に下がっています。
ヒボナッチ数列から応用したデザインを
取り入れました。

底の中心(見込み部分)が湾曲に仕様しています。事で

底に集まりやすくしてあります。

高齢者、障碍者や健常者も使える様に
手作りしています。

介護の器

これまでにない
形状ですが、機能性を充分に
考慮して、こぼさない、食べやすい
器をモットーに心掛けて制作しました。

梅紋とリーフ